住宅バリアフリー − いきいきハウジングリフォーム −
だれが利用できるの?
京都市内にお住まい(生活の本拠が京都市)で、以下の項目の全てに該当する方です。
住宅改造
身体障害者手帳1級〜2級又は療育手帳Aをお持ちの方
移動設備設置
四肢機能障害、両下肢機能障害又は片上下肢(片マヒ)機能障害で、身体障害者手帳1級をお持ちで移動が困難な方
原則として、施設や病院に入所・入院中でない方
借家の場合、所有者(管理者)から承認の得られる方
生活保護世帯又はご本人及びご本人と同一世帯の方全員(扶養義務者でない方は除く)の前年の所得税合計額が、397,000円以下の世帯に属する方
どんなリフォームができるの?
重度の障害のある方ご本人や介護にあたられる方の状況に配慮し、日常生活上のバリアを取り除いたり軽くしたりするリフォームが対象です。
住宅改造(例示) 身体障害者手帳1級〜2級又は療育手帳A判定
浴室 浴槽の深さの変更、滑り止め、手すり、引き戸や折戸への取替え ほか
トイレ 便器の様式化、手すり、引き戸等への取替え ほか
玄関 スロープ、段差解消、引き戸への取替え ほか
廊下・階段 手すり、滑り止めの設置 ほか
居室 敷居の段差解消、和室の洋室化 ほか
※移動設備設置の対象とならない方でも、移動設備設置が効果的である場合、住宅改造に含まれるものとして助成対象になる場合があります。
移動設備設置(例示)
四肢機能障害、両下肢機能障害又は片上下肢(片マヒ)機能障害1級で移動が困難な方
段差解消機
階段昇降機
天井走行型リフト
対象とならないリフォームは
住宅の新築、購入又は全面改築等に伴って行われるもの
家屋の維持・補修
日常生活用具給付品目及び設置工事を伴わない福祉機器等の購入費
全身性障害者屋内移動設備助成事業により、すでに助成を受けられた方への移動設備設置
申請以前に着手又は完了しているもの
介護保険の給付対象となる福祉用具及び住宅改修
費用はどれくらい助成してもらえますか?
リフォームに必要な額に助成率を乗じた額です。
ただし、限度額の範囲内です。(1,000円未満は切り捨て)
助成は、原則として1世帯につき1回に限ります。

(1) いきいきハウジングリフォームにのみ該当する方
いきいきハウジングリフォーム
世  帯  区  分 助成率 助成限度額
(住宅改造)
助成限度額
(移動設備)
生活保護世帯及び
市町村民税所得割非課税世帯
4/4 50万円 65万円
市町村民税所得割非課税世帯
(税額235,000円未満)
3/4 40万円 50万円

(2) いきいきハウジングリフォームと
 日常生活用具または介護保険の住宅改修の両方に該当する方
  限度額
介護保険の住宅改修 20万円
(1割負担)
日常生活用具の住宅改修 20万円
(原則1割負担)
いきいきハウジングリフォーム
世  帯  区  分 助成率 助成限度額
(住宅改造)
生活保護世帯及び
市町村民税所得割非課税世帯
4/4 30万円
市町村民税所得割非課税世帯
(税額235,000円未満)
3/4 20万円
※介護保険と日常生活用具の両方の給付要件を備える方は、介護保険が優先されます。
※日常生活用具の住宅改修の対象者は、下肢または体幹機能障害1〜3級の方です。
※移動設備設置については(1)の表のみの適用となります。
※申請する月が4月から6月までの場合は、前年度分の市町村民税所得割額が対象となります。
申請や相談はどこで出来ますか?
申請前の準備
ご利用者に準備していただくもの
同居の方全員の住民票又は世帯全員の外国人登録証明書
市町村民税所得割の課税額がわかる書類(ご本人及びご本人と同一世帯の方全員)
印鑑、身体障害者手帳・療育手帳など
相談受付
相談や申請は…
(社)京都市身体障害者団体連合会(市身連事務局)
で受け付けています。 まずは電話でお問い合わせください。
TEL (075) 822-0779
助成金・支払いに至るまでの流れをご説明し、受付カルテ作成と、資格要件の確認を行います。
※なお、申請前の段階でご不明な点がありましたら、当社までお問い合わせください。
面接相談
相談申し込みの後、市身連事務局からお知らせする日時に相談所に来所していただきます。福祉・保険・医療・建築・福祉用具などの分野の専門家相談チームがお話をうかがいます。(原則として、毎月第2第4土曜の午後を面接相談日としています。)
改善案の検討・作成
相談チームが提案した改善案、または既に実施業者の方が作成した改善案を検討し、改善プランを決定します。
申  請
ご本人またはご家族に改善プラン、見積もりなどの確認・合意の上、必要な申請書類を添えて、市身連事務局に提出してください。(必要な書類は、別途市身連事務局でご連絡ください。)市身連事務局から京都市に申請いたします。
審査・決定
京都市で審査いたします。助成決定がおりると、決定通知書と助成券を郵送します。
着  工
決定通知書が届きましたら、工事を実施してください。
改善内容の変更などが生じた場合は、相談チームにその旨を伝えていただくなどの対応が必要です。
完了報告・検査
工事完了後、相談チームがおうかがいし、完成の状況・改善点などの確認と検査を行います。助成券に確認印を押して、実施業者にお渡しください。
助成費請求・支払い
実施業者は、助成券・請求書・完成の写真などを市身連事務局に提出してください。助成費は実施業者に京都市から直接し払います。

制度や内容など なんでもお問い合わせください
専門相談員が一生懸命お答えします。

このページのトップへ