当社介護職ヘルパーの禁止事項 
医療行為
ただし、ALS患者等に関する痰吸引に類するようなことで、禁止されている以外のことなどは、在宅介護上必要なことであり、当社は介護時に要望があれば、医療機関の事前指導を受け、厚生労働省の指定書式の同意書を受領した上で、複数の利用者さんに既に行っています
利用者もしくはご家族等の金銭、預貯金通帳、証書、書類等の預かり
利用者もしくはその家族等からの金銭又は物品、飲食の授受
これは当社では一切受けとりません
ご契約者の家族等に対するサービスの提供
区切りって明確に分かります? 分からないこともありますよね!
飲酒・喫煙及び飲食
外出介護等において利用者の同意を得て利用者と一緒に飲食を行う場合は除きますが、同行時の飲酒は一切しません
身体拘束その他利用者の行動を制限する行為
利用者又は第三者等の生命又は身体を保護するため緊急やむを得ない場合を除く
その他利用者もしくはその家族等に対して行う宗教活動、政治活動、営利活動及びその他迷惑行為
これは当社ではいたしません。当たり前ですよネ!

私たちは、利用者さんが望まれることをしていくことが、基本だとヘルパー全員、事業所全体が考えています。だから私たちの中では しないこと・できないことは原則ありません。
ただ、ヘルパーに関する禁止事項も定められています。重要事項説明書にうたっている、ぎりぎりのところまではやります。
これはどこの事業所でも原則同じだと、私たちは考えていますが・・・


「こんなことを頼みたいな〜 でも難しいかな…」
まずはなんでもご相談ください。
絶対出来ないことだけはお伝えします。

このページのトップへ

 

介護タクシーご予約専用フリーダイヤル 0120-489-075